梅老

美術人名辞典の解説

梅老

江戸後期の俳人。三河碧海郡平七村の名主。姓は中根、名は親孝、通称は又左衛門、別号を楳老・堂・魁斎・巣雲居・黙兮。質屋・醸造業を営む。井上士朗俳諧を学んだ。天保12年(1841)歿、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android