コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅若万三郎(初代) うめわか まんざぶろう

1件 の用語解説(梅若万三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅若万三郎(初代) うめわか-まんざぶろう

1869*-1946 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治元年11月21日生まれ。初代梅若実の長男。分家の梅若吉之丞家をつぐ。大正10年弟の梅若六郎(のち2代梅若実),6代観世銕之丞(てつのじょう)(のち華雪)と梅若流をおこし,宗家となるが,昭和8年観世流に復帰。演じた能は3000番におよんだ。12年芸術院会員。21年文化勲章。昭和21年6月29日死去。79歳。東京出身。号は亀堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅若万三郎(初代)の関連キーワード藩学一覧女性参政権イタリア映画新日本文学戦争放棄女性問題東京大学カストリ雑誌北朝鮮新教育

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone