梓川[村](読み)あずさがわ

世界大百科事典 第2版の解説

あずさがわ【梓川[村]】

長野県中西部,南安曇(みなみあずみ)郡の村。人口9766(1995)。松本盆地南西部を占め,東は松本市に接する。東部は南~東縁を流れる梓川扇状地が広がり,西部は標高2000m前後の飛驒山脈東縁の山地である。古くから開けた地で縄文中・後期の荒海渡遺跡など遺跡が多い。中世には西牧郷といわれ,西牧(滋野)氏の一族が支配し,金松寺山の東麓には西牧氏館跡がある。東部の平地では稲作,灌漑施設の整備が進んだ山麓地帯ではリンゴ,桃,ブドウなどの果樹や蔬菜栽培が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android