コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梲・卯建 うだち

大辞林 第三版の解説

うだち【梲・卯建】

はりの上に立てて棟木むなぎを支える短い柱・つか。うだつ。 《 梲 》
民家の両妻に屋根より一段高く設けた小屋根つきの土壁。また、これにつけた袖壁をもいう。家の格を示し、装飾と防火を兼ねる。

うだつ【梲・卯建】

〔「うだち」の転〕
うだち 」に同じ。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梲・卯建の関連キーワードうだつ装飾民家防火袖壁土壁

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android