コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶の木・構の木 かじのき

大辞林 第三版の解説

かじのき【梶の木・構の木】

クワ科の落葉高木。東南アジア原産。亜熱帯および日本各地で栽培される。高さ10メートル 内外。葉は互生し、広卵形で、しばしば三~五裂する。葉の裏や柄に密毛がある。春、開花する。雄花穂は円柱状で下垂し、雌花穂は球形。樹皮は和紙の原料。カジ。カミノキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

梶の木・構の木の関連キーワードカミノキ亜熱帯クワ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android