梶井宮尭胤

美術人名辞典の解説

梶井宮尭胤

室町中・後期の親王。梶井問跡。伏見宮貞常親王第2王子。後花園天皇猶子。号は盧山、俗名高平。二品に叙せられ、第161代天台座主に任じられる。和歌を能くし、歌集『魚山百首』があり、文もまた巧みで、『魚山の御法』は世に知られている。永正16年(1519)薨去、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android