コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶井宮応胤法親王

美術人名辞典の解説

梶井宮応胤法親王

室町後期の親王。梶井門跡伏見宮貞敦親王の第5子、後奈良天皇猶子梶井宮彦胤法親王嗣子初名は貞斉、のち還俗して尊悟。法名は後龍禅院、号は瑞庵・宗悟・藤之・昭庵・蜻庵。二品に叙され第百六十五代天台座主となる。のち還俗。和歌・詩・書を能くし、八条宮智仁親王に教授した。慶長3年(1598)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

梶井宮応胤法親王の関連キーワード梶井宮最胤法親王

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android