コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶井宮最胤法親王

美術人名辞典の解説

梶井宮最胤法親王

江戸前期の親王。梶井門跡。伏見宮邦輔親王第八王子、正親町天皇猶子。俗名惟常。梶井宮応胤法親王に従って台教を学び、第169代天台座主となり、二品に叙せられた。寛永16年(1639)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android