梶井宮最胤法親王

美術人名辞典の解説

梶井宮最胤法親王

江戸前期の親王。梶井門跡。伏見宮邦輔親王第八王子、正親町天皇猶子。俗名惟常。梶井宮応胤法親王に従って台教を学び、第169代天台座主となり、二品に叙せられた。寛永16年(1639)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android