棋聖・碁聖(読み)きせい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 囲碁や将棋の名人。特に、橘良利(たちばなのよしとし)が囲碁の上手であったので、出家後、碁聖の名を冠して碁聖大徳(きせいだいとこ)と称する。
※源氏(1001‐14頃)手習「きせいが碁にはまさらせ給ふべきなめり」
② 近代将棋の祖と仰がれる天野宗歩(あまのそうほ)に冠される呼び名。
③ 将棋界で、棋聖位に与える称号。昭和三七年(一九六二)に始まる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android