棟・刀背(読み)むね

大辞林 第三版の解説

むね【棟・刀背】

[2] ( 名 )
屋根の最も高い所。大棟。また一般に、屋根面の交わる稜線。隅すみ棟・降くだり棟などがある。
棟木むなぎ
建物。 「隣の-から出火した」
牛車ぎつしやの屋形の上に前後に渡した木。 → 牛車
(「刀背」「?」とも書く)刀の刃のついていない側。みね。 → 太刀
くしの背。
( 接尾 )
助数詞。家・建物を数えるのに用いる。 「二-が全焼した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android