棟持ち柱(読み)むなもちばしら

大辞林 第三版の解説

むなもちばしら【棟持ち柱】

棟木を直接支える柱。
神明造りで、妻壁に突き出た棟木を支えるために外側に独立して立てた柱。小狭おさ柱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android