森 有正(読み)モリ アリマサ

20世紀日本人名事典の解説

森 有正
モリ アリマサ

昭和期の哲学者,仏文学者 パリ大学教授;パリ日本館館長。



生年
明治44(1911)年11月30日

没年
昭和51(1976)年10月18日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学仏文科〔昭和13年〕卒

経歴
生後間もなく受洗。昭和20年東京帝大助教授となり、フランス哲学・文学を講じる。25年フランスに留学、そのままパリに住みついた。国立東洋語学校やパリ大学で日本語と日本文学を担当し、47年パリ日本館館長に就任。この間、32年「バビロンの流れのほとりにて」を発表、ヨーロッパ文明を内側から理解しようとする姿勢と抒情性に富む文体によって大きな反響を呼ぶ。他に「パスカルの方法」「デカルト人間像」「近代精神とキリスト教」「デカルト研究」「ドストエフスキー覚書」「遙かなノートルダム」「沙漠に向かって」「パリだより」「セーヌの辺で」「経験と思想」「日本思想入門」など著書多数。翻訳の業績にアラン「恩索のあと」などや「芥川龍之介短篇選集」の仏訳がある。また「森有正全集」(全14巻・補遺1 筑摩書房)が刊行されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

森 有正 (もり ありまさ)

生年月日:1911年11月30日
昭和時代のフランス文学者;哲学者。パリ大学教授;パリ日本館館長
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森 有正の関連情報