コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森のようちえん

1件 の用語解説(森のようちえんの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森のようちえん

屋外での自然体験を主とする幼児教育で、デンマークで1950年代に始まったとされる。日本では2008年に「森のようちえん全国ネットワーク」が設立され、現在、約130団体が加盟。県内では「お山歩隊」(高松市亀田町)と、「しましまようちえん」が加盟する。

(2014-05-26 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森のようちえんの関連キーワード幼児教育教育学部自然体外遊びアゴラヒル西山自然体験交流施設「ゆうぎ」森の自然体験ミュージアム「ハローウッズ」学校林青空保育アグリツーリズモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森のようちえんの関連情報