森友学園への国有地売却問題

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森友学園への国有地売却問題

学校法人森友学園(大阪市)が計画していた小学校建設用地として、財務省が昨年、大阪府豊中市国有地を鑑定価格から約8億2千万円値引きし、1億3400万円で売却した問題。名誉校長に安倍首相の妻・昭恵氏が就いていた。野党は首相周辺の意向を忖度(そんたく)した財務省が値引きしたのではと追及したが、国は「適正に算定した」としてきた。大阪地検は国や大阪府・市からの補助金を詐取したとして、学園の籠池泰典・前理事長と妻を詐欺罪などで起訴し、売却の経緯なども調べている。

(2017-10-09 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森友学園への国有地売却問題の関連情報