コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森孫右門 もり まごえもん

1件 の用語解説(森孫右門の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

森孫右門

??〜??(??年〜??年)【漁師】江戸初期に佃島を開き、仲間の漁師と幕府の魚御用を勤めた。 佃煮、日本橋魚河岸はここから始まったという。もとは摂津佃村の名主と伝えられる。江戸隅田川河口の三角州を拝領、漁師数十名とともに摂津国佃村から移住し、白魚などを江戸城城中に運ぶ御墨付きを与えられた。伝聞では、孫右衛門の長男九右衛門が残った鮮魚を一般に売る許可を得たことが、日本橋河岸の発端という。また、余った魚を醤油でにて保存食にしたのが佃煮の始まりとも言われる。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森孫右門の関連キーワード歌川広重鳥居清信藤戸ジャパン・パラリンピック漁師中浜(ジョン)万次郎殺菌乳

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone