コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森春濤・森春涛 もりしゅんとう

大辞林 第三版の解説

もりしゅんとう【森春濤・森春涛】

1819~1889) 幕末・明治の漢詩人。尾張一宮の人。名は魯直、字あざなは希黄。鷲津松隠・梁川星巌に師事。東京に茉莉まつり吟社を創設。著「春濤詩鈔」「東京才人絶句」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

森春濤・森春涛の関連キーワードおらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩人情本バジードー

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone