コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林づくり県民税

1件 の用語解説(森林づくり県民税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森林づくり県民税

県が2008年度に導入。後継者不足などで整備が進まない森林を保全する目的で、個人に年500円、法人に年1千~4万円を課税している。税収は年間約6億5千万円で、大半を間伐作業への助成にあてているほか、市町村の取り組みへの補助や啓発活動にも使っている。

(2012-05-29 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林づくり県民税の関連キーワード前期損益修正後継者不足勝ちファミコン探偵倶楽部 消えた後継者同時形質導入リース農場農業後継者青い森鉄道集荷円滑化対策知覧傘提灯(ちょうちん)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森林づくり県民税の関連情報