コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林の二酸化炭素(CO2)吸収

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森林の二酸化炭素(CO2)吸収

京都議定書は、1990年以降に植林されたり、持続可能な方法で人間が手を入れたりした森林について、CO2の「吸収源」と認めている。間伐などが行われた森林に限り、その吸収量は日本の削減量とみなされる。

(2010-02-28 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

森林の二酸化炭素(CO2)吸収の関連キーワード京都議定書

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android