コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林セラピー基地

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森林セラピー基地

セラピーは「治療」の意味。林野庁が自治体からの申請を受けて審査、認定する。エリア内での森林浴を通し、血圧や脈拍の低下など心身のリラックス効果が科学的に証明され、宿泊施設が整っていることが条件だ。徳地地区の森林セラピー基地は、大原湖や滑山(なめらやま)国有林にまたがる約3700ヘクタール。大原湖畔に約10キロの散策路がある。森林セラピー基地は現在全国に7カ所。うち4カ所が長野県に集中している。中国地方では徳地地区が唯一だ。

(2006-12-23 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

森林セラピー基地の関連キーワード長野県下高井郡木島平村

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森林セラピー基地の関連情報