コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林吸収源

1件 の用語解説(森林吸収源の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

森林吸収源

京都議定書は、森林による二酸化炭素吸収量を温室効果ガスの削減量に算入することを認めている。ただし森林すべてを吸収源としてカウントできるわけではなく、90年以降に、新たに植林されたり、間伐など適切な森林経営がなされていたりすることなどが条件。吸収量は国際的なガイドラインに基づいて算出され、国ごとに樹種や樹齢によって異なる。日本では平均的な数値として年1ヘクタールあたり育成林は1・77トン、天然林は0・9トン(ともに炭素換算)を吸収する計算。

(2007-01-09 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林吸収源の関連キーワード京都議定書酸化炭素家電製品の買い替えによる二酸化炭素削減吸収源CO2二酸化炭素泉二酸化炭素抽出地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策森林の二酸化炭素(CO2)吸収カルバミノ化合物 (carbamino compound)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森林吸収源の関連情報