森田勘弥(5代)(読み)もりた かんや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田勘弥(5代) もりた-かんや

?-1802 江戸時代中期の歌舞伎役者,座元。
4代森田勘弥の母方血縁で,宝来屋金七の子という。延享元年(1744)森田家の養子となり,5代をついで江戸森田座を再興した。病気のため,宝暦元年(1751)娘婿の2代沢村小伝次を6代勘弥として隠居。享和2年10月2日死去。幼名は金蔵。後名は森田又左衛門。俳名は杜光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android