森野 嘉光(読み)モリノ カコウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の陶芸家 日展参与。



生年
明治32(1899)年4月15日

没年
昭和62(1987)年5月2日

出身地
京都市

本名
森野 嘉一郎

学歴〔年〕
京都絵画専門学校日本画科〔大正10年〕卒

主な受賞名〔年〕
文展特選〔昭和16年〕「塩釉枇杷図花瓶」,日本芸術院賞〔昭和38年〕「塩釉三足花瓶」,京都市文化功労者

経歴
陶家の長男に生まれる。第3回帝展に「比叡山麓」が初入選、日本画家としてデビュー。大正12年に雑誌「白樺」の李朝陶磁特集に感動、陶芸に進む。昭和2年「青流草花文茂瓶」が帝展初入選。作風は塩釉と緑釉窯変という二つの独創的な釉法によって特色づけられる。昭和56年「作陶六十年展」を開催。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android