コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椀飯・埦飯・垸飯(読み)おうばん

大辞林 第三版の解説

おうばん【椀飯・埦飯・垸飯】

〔「わんはん」の転〕
わんに盛った飯。 「屯食五十具、碁手の銭、-などは、世の常のやうにて/源氏 宿木
人をもてなすための食膳。また、饗応。平安時代には年始や五節に公卿たちが宮中に集まるときに、何人かに課して饗応させた。鎌倉時代以降は大名が将軍に祝膳を奉ったり、家臣が主君を饗応したりして主従の結びつきを強めた。 「三日が程は、-といふ事/増鏡 さしぐし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android