植村和堂(読み)うえむら わどう

美術人名辞典の解説

植村和堂

書家。東京生。名は常次郎。相沢春洋・益田石華・田中親美に師事。流麗な仮名を以て知られ、古・古写経の研究・鑑識眼については卓越したものがある。著書に『文房具辞典』『古筆名跡綜覧』等がある。毎日書道展名誉会員・日本書道美術院理事審査員・清和書道会主宰文検。泰東最高賞受賞。平成14年(2002)歿、97才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android