コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村泰忠(1) うえむら やすただ

1件 の用語解説(植村泰忠(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村泰忠(1) うえむら-やすただ

1540-1611 戦国-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)9年生まれ。もと三河(愛知県)鳳来寺で安養院と号した僧。三方原の戦いより徳川家康にしたがう。小田原攻めでは本多忠勝らとともに武蔵(むさし)岩槻城(埼玉県)を攻めおとし,その功で上総(かずさ)(千葉県)勝浦に3000石をあたえられた。のち2000石加増。慶長16年1月19日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植村泰忠(1)の関連キーワード烏丸光宣一和包綱児玉満昌佐久間安長沢亭甫新庄直方寺村重友道意(3)亮賢