植草 甚一(読み)ウエクサ ジンイチ

20世紀日本人名事典の解説

植草 甚一
ウエクサ ジンイチ

昭和期の評論家,エッセイスト



生年
明治41(1908)年8月8日

没年
昭和54(1979)年12月2日

出生地
東京市日本橋(現・東京都中央区)

学歴〔年〕
早稲田大学理工学部建築科〔昭和5年〕除籍

主な受賞名〔年〕
日本推理作家協会賞(第32回)〔昭和53年〕「ミステリーの原稿は夜中に徹夜で書こう」

経歴
昭和10年東宝に入社。宣伝部、調査部などを経て、19年東宝直営の映画館・新宿文化主任となる。戦後23年東宝を退社、本格的な執筆活動に入り、映画・ジャズ評論から、現代文学、探偵小説と広範囲にわたるエッセイを発表。アメリカのリトル・マガジン文化の第一人者として知られ、ノーマン・メイラー、アップダイク等を先んじて紹介。48年雑誌「ワンダーランド」を創刊、これが後に「宝島」になる。その雑学と博識で従来にない評論のスタイルを確立した。著書に「ファンキー・ジャズの勉強」「ジャズの前衛と黒人たち」「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」「ぼくは散歩と雑学が好き」のほか、「植草甚一スクラップブック」(全40巻別巻1 晶文社)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

植草 甚一 (うえくさ じんいち)

生年月日:1908年8月8日
昭和時代の評論家;エッセイスト
1979年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

植草 甚一の関連情報