植(え)込みボルト(読み)ウエコミボルト

デジタル大辞泉の解説

うえこみ‐ボルト〔うゑこみ‐〕【植(え)込みボルト】

両端に雄ねじが切られていて、その一方を機械の本体などに植え込んで用いるボルト他端に他の部品を取り付ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の植(え)込みボルトの言及

【ねじ】より

…棒スパナで締めつけ,頭の周囲にスパナをあてがうための空間を必要としないので,沈み穴にするなどボルト頭を品物の座面から突出させない設計が可能である。 植込みボルト棒の両端にねじを切ってあり,一方を構造物の本体に抜けないようにかたくねじ込み,他方にはナットをはめ込む。ふたなどを密閉するのに用いられる。…

※「植(え)込みボルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android