コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椛ノ湖遺跡 はなのこいせき

世界大百科事典 第2版の解説

はなのこいせき【椛ノ湖遺跡】

岐阜県恵那郡坂下町上野に所在する縄文時代草創期遺跡。標高560mの高原にあって,南方の山地より突出した舌状の小丘の東斜面に位置する。灌漑用人造湖である椛ノ湖の築堤工事に際して発見された。遺跡は高低差のある3地点に分かれているが,石器の散布はさらに広い。1954年以降遺物が採集され,56,57年に中央の第1地点を中心に試掘・発掘調査を行った。その結果,層位を異にする二つの文化層を確認し,下層出土遺物群を椛ノ湖I,上層出土遺物群を椛ノ湖II段階として区別した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android