コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検索連動広告

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検索連動広告

インターネットの大手検索サイトが手がける。検索のキーワードとして広告主が設定した言葉を入力すると、見せたいサイトへと導く広告を画面の目立つ位置に表示。その広告を閲覧者がクリックするごとに課金し、広告主が設定した上限額に達すると広告は消える仕組み。電通が2月に発表した「日本の広告費」によると検索連動広告パソコン携帯電話で計1934億円で、ネット広告の3分の1を占める。

(2010-12-02 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検索連動広告の関連情報