コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検見・毛見 けみ

大辞林 第三版の解説

けみ【検見・毛見】

検査。検分。 「大嘗会の-やとしさわぎ/蜻蛉
室町時代以後、米の収穫前に幕府・領主が役人を派遣して収穫量を検査させ、その年の年貢額を定めたこと。けんみ。けみどり。 ⇔ 定免じようめん [季] 秋。
「検見衆けみしゆう」の略。 〔「けんみ」の撥音無表記形か。「検」の字音からともいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

検見・毛見の関連キーワード検見衆字音

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android