コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検視と死因究明

1件 の用語解説(検視と死因究明の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検視と死因究明

検視は死因が犯罪に基づくものかを判断するために検察官警察官が遺体の状況をみる、刑事訴訟法で定められた手続き。全国の警察では、死因不明の遺体の増加に、死因捜査が専門の刑事調査官(検視官)の人数がなかなか追いつかないのが現状。09年は前年比36人増の196人に大幅に増やした。また、全国の警察では地域の病院にあるコンピューター断層撮影(CT)装置で死因を調べる方法も始めている。本来は生きた人間のためにある機械を使うことに病院側の抵抗感があり、07年度は約500体にとどまったが、08年度は病院側の理解も進み、約1300体で使われた。

(2009-06-12 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検視と死因究明の関連キーワード診断検視耳食思想犯状況判断性犯罪判ずる検視と監察医制度検視と解剖14歳未満の非行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone