コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検視と監察医制度

1件 の用語解説(検視と監察医制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検視と監察医制度

多くの人は病死するが、自殺や事故、犯罪による不自然死が一定割合ある。警察は犯罪の疑いがあれば検視。必要があれば司法解剖に回す。検視に立ち会う医師は検案し死因を判断する。別に、東京23区など一部の大都市には、病気予防などを目的に不自然死の死因を調べる監察医制度がある。監察医の検案で死因が分からない場合は行政解剖する。過程で犯罪死の疑いが出れば司法解剖に切りかえる。監察医制度のない地域では、行政解剖の予算が乏しく、犯罪が見逃されてしまう可能性があるとされる。

(2007-11-23 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検視と監察医制度の関連キーワード自殺死する衆論戦争犯罪人大獄犯罪被害者事故物件犯罪死犯罪収益非犯罪死

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone