コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検視と解剖

1件 の用語解説(検視と解剖の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検視と解剖

明らかな病死ではない「異状死」については、まず「検視」が行われる。検視官と呼ばれる専門の警察官らが医師とともに遺体の外傷の有無などを調べる。明らかな他殺や事件性が疑われる場合は、大学の法医学教室などに「司法解剖」を依頼して死因を究明する。東京23区や大阪市など監察医制度が機能している地区では、監察医が遺体をみる。事件性がないとみられても死因が判明しない時は解剖し、これは「行政解剖」と呼んでいる。

(2008-05-26 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検視と解剖の関連キーワード明らか足が地に着かない異状言わないことではない異状死堪ったものではない同日の論ではない表示の登記医療関連死将来の損害分

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone