検非違使・剣菱(読み)けんびし

大辞林 第三版の解説

けんびし【検非違使・剣菱】

〔近松の浄瑠璃「用明天皇職人鑑」に検非違使けびいしの役に使われて以来の称〕
文楽人形の首かしらの一。眉目秀麗で知的な武士に用いるほか、実役にも流用される。けびいし。 〔「剣菱」とも当てる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android