コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椿餅・椿餠 つばいもちい

大辞林 第三版の解説

つばいもちい【椿餅・椿餠】

餅米の粉に甘葛あまずらをかけて丸くかため、椿の葉二枚で包んだ餅。つばいもち。つばきもち。 「檜破子ひわりご・御酒みき・-など奉り給へり/宇津保 国譲上

つばきもち【椿餅・椿餠】

餅菓子の一。糝粉しんこまたは道明寺粉を蒸してあんを包み、二枚の椿の葉で挟んだもの。 [季] 春。
つばいもちい(椿餅) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

椿餅・椿餠の関連キーワード道明寺粉餅菓子椿餅

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android