コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楓・槭樹 かえで

1件 の用語解説(楓・槭樹の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かえで【楓・槭樹】

〔「かえるで(蛙手)」の転〕
カエデ科カエデ属の植物の総称。世界に約200種、日本に十数種あり、日本産ではイロハモミジ類がその紅葉の美しさで代表的である。材は緻密で細工物や器具材とする。サトウカエデ・イタヤカエデの樹液からは糖分を採る。そのほかハウチワカエデ・メグスリノキなどがある。モミジ。古名カエルデ。 [季] 秋。
かさねの色目の名。表裏とも萌葱もえぎ
家紋の一。の葉を図案化したもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone