コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楓科 かえでか

大辞林 第三版の解説

かえでか【楓科】

双子葉植物、離弁花類の一科。ムクロジ科に近い。多く落葉樹。北半球の温帯に分布し、特に日本・中国に多い。葉は対生して普通手形状に切れ込むが、全縁または、三出または羽状の複葉となる種もある。花は小さく両性または単性、果実は翼のある二個の分果に分かれる。秋の紅葉の美しいものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楓科の関連キーワードムクロジ科双子葉植物離弁花類北半球果実温帯両性複葉単性

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android