コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠南谿

1件 の用語解説(楠南谿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

楠南谿

儒医。本姓宮川、通称東市、字は恵風、名は春暉、別号に梅華仙史・梅仙・黄華堂。伊勢久居生。香川太冲・賀川子玄・畑柳安に私叔。朝廷御医に仕え先物実試の要を説く。諸国を遍歴し山川霊勝を探り、よく痼疾者を治療した。著書に『東西遊記』『傷寒外伝』等がある。文化2年(1805)歿、53才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone