楠木・楠(読み)くすのき

大辞林 第三版の解説

くすのき【楠木・楠】

姓氏の一。南北朝期の河内・和泉の豪族。橘諸兄の後裔といわれるが、正成以前の系譜に確証はない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる