楳茂都 梅治(読み)ウメモト ウメジ

20世紀日本人名事典の解説

楳茂都 梅治
ウメモト ウメジ

昭和期の日本舞踊家 楳茂都流東京代表。



生年
昭和2(1927)年9月15日

没年
昭和43(1968)年10月6日

出生地
東京・大森

本名
宇佐見 英子

経歴
昭和13年楳茂都流家元陸平に入門、22年梅治の名を許された。24年師範となって初のリサイタル。28年結成の白麗会の一員として新作に出演、29年白麗会メンバーとして作品「一九六〇年の女」(日劇)に長期出演した。楳茂都流東京代表として流儀の発展に尽くすとともに、大阪松竹歌劇団、松竹歌劇団の振付をも行った。また「じやがたら文」「蜜のあわれ」などの発表作品がある。40年インドネシア独立20周年記念式典に日本代表舞踊団員として出演した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

楳茂都 梅治
ウメモト ウメジ


職業
日本舞踊家

肩書
楳茂都流東京代表

本名
宇佐見 英子

生年月日
昭和2年 9月15日

出生地
東京・大森

経歴
昭和13年楳茂都流家元陸平に入門、22年梅治の名を許された。24年師範となって初のリサイタル。28年結成の白麗会の一員として新作に出演、29年白麗会メンバーとして作品「一九六〇年の女」(日劇)に長期出演した。楳茂都流東京代表として流儀の発展に尽くすとともに、大阪松竹歌劇団、松竹歌劇団の振付をも行った。また「じやがたら文」「蜜のあわれ」などの発表作品がある。40年インドネシア独立20周年記念式典に日本代表舞踊団員として出演した。

没年月日
昭和43年 10月6日 (1968年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

楳茂都 梅治 (うめもと うめじ)

生年月日:1927年9月15日
昭和時代の日本舞踊家
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android