コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楳茂都扇性(初代) うめもと せんしょう

1件 の用語解説(楳茂都扇性(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楳茂都扇性(初代) うめもと-せんしょう

1826-1894 幕末-明治時代の舞踊家。
文政9年生まれ。京都方広寺門跡真仁法親王につかえ雅楽,乱舞,今様舞などの名手だった父鷲谷(わしたに)正蔵にまなび,大坂で今様風流舞(上方舞)の楳茂都流をおこす。能,歌舞伎,舞踊を統合した「てには狂言」で人気をよんだ。明治27年3月20日死去。69歳。京都出身。本名は鷲谷将曹(しょうそう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楳茂都扇性(初代)の関連キーワードハウフ日清戦争クルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録リーケの原理日清戦争

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone