極・窮・究(読み)きわめる

精選版 日本国語大辞典の解説

きわ・める きはめる【極・窮・究】

[1] 〘他マ下一〙 きは・む 〘他マ下二〙
① 極限にまで達せさせる。物事を果てまで押し詰める。この上なしの所まで至らせる。
※源氏(1001‐14頃)明石「我がかく悲しびをきはめ、命尽きなんとしつるを」
※徒然草(1331頃)三八「高き位に登り、奢(おごり)をきはむるもあり」
② 終わらせる。
※源氏(1001‐14頃)明石「何ばかりの過ちにてか、この渚(なぎさ)に命をばきはめん」
③ 残るところなく尽くす。
(イ) 道理を尽くす。
※太平記(14C後)二〇「誠を尽くし理を究(キハメ)て仰せられければ、孔明辞するに詞(ことば)なくして」
(ロ) 学問、芸道などの奥底まで探る。
※地蔵十輪経元慶七年点(883)一「立破の源を究(キハメ)、字転の本を窮(きはめ)ずといふこと莫(な)し」
④ 定める。決める。決心する。決定する。
※雲形本狂言・呂蓮(室町末‐近世初)「呂蓮、いや私は此(この)呂蓮に極(キハメ)ませう」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)九「某(それがし)義、京都在府に極(きはめ)られ、家中の仕置仕る故」
[2] 〘自マ下一〙 きは・む 〘自マ下二〙 =きわまる(極)
※檜垣嫗集(10C後か)「老いにきはめてすみかもなくなりて」
※太平記(14C後)一八「抑新田殿の御一家の運爰(ここ)にて悉(ことごと)く極(キハ)め給はば、誰々も残らず討死すべけれ共」
[語誌](1)主に漢文訓読系の語とされる。「源氏物語」にも用いられているが、かたい表現の中で数例見られるのみである。
(2)中古から「きはむ(きはめる)」自体に(二)のように自動詞用法も見えるが、他に自動詞形として「きはまる」が上代から存しており、副詞も「きはめて」と「きはまりて」とが対応している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android