コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極小主義モデル きょくしょうしゅぎもでる

世界大百科事典内の極小主義モデルの言及

【失語症】より

…従来の失語症研究が,患者一人一人の症状の記述と古典的な失語症のタイプへの分類に留まっていたことに比べると,認知科学的アプローチは,その目標と手法が大きく異なる。 現在,人間の言語システムを捉えるための有効なアプローチとみなされているのが〈生成文法〉の最も新しい理論〈極小主義モデル〉と呼ばれるものである。このモデルが仮定する言語システムは,大まかに言って,〈言語知識〉と〈言語運用〉という二つのモデュール(=構成単位)からなる。…

※「極小主義モデル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android