コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極楽寺ヒビキ遺跡 ごくらくじひびきいせき

1件 の用語解説(極楽寺ヒビキ遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

極楽寺ヒビキ遺跡

奈良県御所市で2005年2月に見つかった5世紀前半(古墳時代中期)の最大の大型建物跡。石垣のある堀で囲まれ、約225平方メートルもあって2階建てと想定されている。奈良盆地南部を見晴らす高台にあり、そばには物見台、広場なども備えていた。焼けた跡もあり、古代豪族・葛城(かつらぎ)氏に関連する遺跡らしい。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極楽寺ヒビキ遺跡の関連キーワード孝安天皇御所市雷丘(いかづちのおか)平城京跡中原遺跡巨勢巨勢野御所柿久保田長朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone