極超短波(読み)ごくちょうたんぱ(英語表記)ultra high frequency

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極超短波(電波)
ごくちょうたんぱ
ultra high frequency

電波の波長を利用上の便宜から区分したものの一つ。波長1メートルから10センチメートルの範囲、周波数では300メガから3ギガヘルツの電波をいい、電波法施行規則ではUHF帯(デシメートル波)に相当する。一般には、SHF帯(センチメートル波)を含める。広帯域の使用が可能となる周波数帯で、伝送信号のデジタル化も容易である。したがって、伝送できる情報量が大きく、小型のアンテナで高利得が得られるため、あらゆる通信に利用できる。携帯電話、PHS(簡易型携帯電話)、MCAシステム(一つのチャネルを多くの利用者が共用するシステム)、地上デジタルテレビ放送、防災行政無線、インテルサット衛星通信、移動体衛星通信、衛星非常用位置指示無線標識、気象衛星データ伝送、無線LAN、コードレス電話などに広く使用される重要な波長帯である。[石島 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android