コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽しい・愉しい・娯しい(読み)たのしい

大辞林 第三版の解説

たのしい【楽しい・愉しい・娯しい】

( 形 ) [文] シク たの・し
〔「愉しい」 「娯しい」とも書く〕
心が満ち足りて、うきうきするような明るく愉快な気分である。 「家族そろっての-・い夕食」 「 - ・く遊ぶ」 「旅行は-・い」
食物などが十分にあって快い。 「忽に餓の苦び皆止みて-・しき心に成りぬ/今昔 2
富んでいる。豊かである。 「堀川相国は美男の-・しき人にて/徒然 99」 〔主に自分の行動を通して持続的に感じる快さをいう語。その快さが物質的な裏付けを伴った場合の意に転ずる〕 → 嬉しい(補説欄)
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 ・形動 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報