コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽浪 らくろう

大辞林 第三版の解説

らくろう【楽浪】

前漢の武帝が紀元前108年に衛氏朝鮮を滅ぼして設置した四郡の一。現在のピョンヤン付近に政庁を置き、朝鮮の北西部を支配した。三世紀初め南半を帯方郡として分離、313年頃高句麗こうくりに滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楽浪の関連キーワード唐崎・辛崎・韓崎志賀の大輪田知らしめす楽浪郡治跡平壌準平原佐々木親覧衛氏朝鮮階だゆふ竜村平蔵朝鮮四郡秥蝉県碑楽浪文化国つ御神六角紫水関野貞ちゅう真番郡罷り路袖反る罷り道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楽浪の関連情報