コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楽焼き・楽焼 らくやき

大辞林 第三版の解説

らくやき【楽焼き・楽焼】

陶器の一。天正(1573~1592)初期、京都の長次郎が創始した軟陶。手捏てづくねで成形し、比較的低い火度で焼成する。釉薬ゆうやくにより、赤楽・黒楽・白楽などがある。二代常慶が豊臣秀吉より「楽」の印を下賜されてから、家号を楽とした。楽家正統の本窯と、それ以外の脇窯とがある。聚落焼じゆらくやき
素人が趣味などとして作る、低火度で焼く陶器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楽焼き・楽焼の関連キーワード豊臣秀吉長次郎黒楽天正赤楽陶器聚落本窯家号(やごう)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android