概算要求基準(シーリング)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

概算要求基準(シーリング)

財務省が翌年度予算編成を始めるに当たって、分野ごとに予算額や各省庁が要求できる額の上限目安として設定する仕組み。これに沿って省庁は8月末に要求内容をまとめる。シーリングとは英語で「天井」のこと。

(2008-07-29 朝日新聞 朝刊 2総合)

概算要求基準(シーリング)

財務省が翌年度の当初予算を編成するにあたり、分野ごとに予算額の上限を設ける仕組み。通常は7月末に閣議了解し、これに沿って、各省庁が8月末までに予算を要求。財務省の査定や与党との調整を経て、12月後半に予算案が決まる。シーリングとは英語で「天井」のこと。補正予算は年度途中で、税収減や景気対策などで当初予算を修正するために編成され、シーリングの対象ではない。

(2008-12-04 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

概算要求基準(シーリング)の関連情報