コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊・賢木 さかき

大辞林 第三版の解説

さかき【榊・賢木】

〔栄える木の意〕
神域に植える常緑樹の総称。また、神事に用いる木。
ツバキ科の常緑小高木。暖地の山中に自生。高さ約10メートル。葉は互生し、長楕円状倒卵形。濃緑色で質厚く光沢がある。六、七月、白色の小花を開く。枝葉を神事に用いる。 〔「榊の花」は [季] 夏〕 → ひさかき
源氏物語の巻名。第一〇帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

榊・賢木の関連キーワード源氏物語ツバキ科常緑樹小花白色山中総称枝葉暖地神域神事自生

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android